キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 結婚指輪の費用について : 私が考える結婚指輪

私が考える結婚指輪

MENU
結婚指輪の由来
MENU
結婚指輪の交換
MENU
結婚指輪とリングピロー
MENU
結婚指輪は必要?
MENU
結婚指輪の費用について
MENU
結婚指輪のリサイクル

結婚指輪の費用について

私が考える結婚指輪のメイン画像

結婚指輪にかける費用はその素材によっても異なるが、多くのカップルは20万円くらいのペアリングを選ばれている方が多いようです。

結婚指輪の費用について

一言に結婚指輪と言ってもその価格も様々です。

指輪自体の素材によってもかなり異なってきます。

ゴールド一つとっても、18K、24K、ピンクゴールド、イエローゴールドなど細かく分けられます。

一般的な指輪の素材として人気なのは、何と言ってもプラチナですよね。

このように素材だけでもこんなにも種類があるのに、人気ブランドの物やダイヤモンドなどの装飾をあしらうと、その費用はグンと上がって来るでしょう。

男性用のものは比較的シンプルなデザインの物が多いですが、女性用のものには男性のデザインに宝石をプラスしたデザインの物が種類も多く、人気が高いようです。

女性用や、男性用を単独で買う事はあまりないと思いますが、それぞれに記された価格の表示を見ると、やはり装飾がある分、女性用の方が高いようです。

《参考ページ→http://allabout.co.jp/gm/gl/919/

婚約指輪にかける費用の平均はおよそ30万円らしいですが、結婚指輪の費用は10万円から40万円までととても幅が広いです。

中でも20万円くらいの物を選ばれる方が多いようです。

ちなみに婚約指輪は高いし、いわゆる立て爪の大きな宝石が付いているようなデザインの物なら、つけていく機会がないという理由から二人で話し合って用意しなかった方も多くいらっしゃると思います。

用意しなかった理由がデザインの問題であればたとえばこんな方法もあります。

価格もデザインも気に入ったペアのリングを一組購入します。

そして同じブランドのペアリングの女性用だけを婚約指輪として購入するのです。

同じブランドのものですとデザインにも統一感がありますので、重ねて付けるととてもしっくりとしますし、大きな宝石が付いているものより普段使いがしやすいです。

そんな事も頭に入れて、二人の気に入ったリングを見つけて欲しいです。

私が考える結婚指輪 Copyright (C) www.musique-video.org.